現場で使うネックストラップの怖さと対策パーツ

JF 

こんにちは!スタッフの石川です。

今回の記事はネックストラップをつけて現場のお仕事を
している方へ向けた記事です。

目次

◦現場で使うネックストラップの危なさ
◦おすすめのパーツ
・先端パーツ
・安全パーツ

◦おすすめの組み合わせ

現場で使うネックストラップの危なさ

現場で仕事をする場合は、色々な危険が潜んでいて、
使用するときには注意しなくてはなりません。

例えば

「高いところに足場を組んで、点検をするときにネックストラップの
先のクリップが緩くて着けている名札ケースなどが落ちてしまった。」

「現場で突起物が多くてストラップが引っ掛かり危うく大事故になるところだった。」

という危険があります。

現場での仕事に限ったことではありませんが、たかがネックストラップといえど注意して
着ける必要があります。

もし上から名札ケースなどを落としてしまって、人に当たったら・・・と考えると、
すこしでも安心できるほうがいいですよね。

そこでもしもの時のためにおすすめのパーツと組み合わせを紹介していきます。

おすすめのパーツ

先端パーツ

まずは先端部分が丈夫なものがいいですね。
クリップなどすこしの力で外れてしまうものは避けましょう。

①ビニールホック

これはビニールのバンドでプチッとボタンで留めれるパーツです。
何かに引っ掛かっても緊急時はすぐに外せるというのが利点。

逆に絶対に外れては困る方には、おススメ出来ないパーツです。

②携帯松葉

携帯松葉の利点は、細い松葉紐なので様々な商品に取り付ける事ができます。
携帯電話・スマートフォンはもちろん、デジカメ、ボールペン、鍵、ハンコ、ストップウォッチ、カードホルダーなど
アイデア次第で様々なモノに使える非常に便利なパーツです。
また、脱着機能付きの脱着携帯松葉は、取り外しも出来て更に便利です。
弊社がお取り扱いさせて頂いております脱着松葉は
通常の範囲の仕様では脱着部分が外れるという心配はございません。

③ナスカン

これも王道ですね。
金属製で様々なものがつけれます。

安全パーツ

皆さんは安全パーツというパーツをご存知でしょうか?
ネックストラップをつけていて、機械に巻き込まれそうになった時や何かに引っ掛かってしまった時、
一定の力がかかるとパチッと紐を外してくれる優秀なパーツです。

個人的にはこれを現場でお仕事をされている方に着けていただきたいですね。
他にも、「いちいち取り外しが面倒。」という時に外せるので便利です。

 

 

おすすめの組み合わせ

個人的なおすすめの組み合わせは、
ナイロン紐に安全パーツ、先端は脱着携帯松葉です。

名札ケースや携帯以外の物を付けるときは先端部分をナスカンに変えた方がいいですね。

まとめ

楽しく仕事をするためにも、事故は防げるならば未然に防ぎたいですよね。
現場でお仕事をされている方にはぜひ使っていただきたいパーツのご紹介でした。

ネームワンでは今回ご紹介した商材を取り扱っています。
「こういうシーンで使いたくて、どのパーツがいいのかな?」というようなお悩みがありましたら、
ぜひお気軽にお問合せください!

オリジナルネックストラップ製作のname1のトップページ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑